国防無くして国家無し

ウクライナに6千億円追加、我々の血税を戦争に使うな

「支援」と耳障りの良い言葉を使っていますが、我々の血税を戦争の資金にするのを

国民が怒らないことに唖然とします。

しかも、片方の国にだけ送金してロシアに送金しない理由は何ですか?

福祉、介護をどんどん削られ、どんどん税金が上がって、生活保護件数も上昇しているのに

日本がすべきは戦争を止めることです。

「人道的支援?」だったら、なおさら両国へ資金援助しなければおかしな話です。

両国で死傷者が出ているのですから。

我々の血税が何に使われているか?

戦争をやっているはずのウクライナに、高級外車が次々に運び込まれているのは何故ですか?

戦争を支援しない。

日本は中立の立場を保つべきですし、ましてや戦争の資金を国民を犠牲にしてまで送るとは。

アメリカがウクライナに供与したパトリオットミサイルは、一発4億円ですって。

戦争って、本当に人の命がお金に換えられている。

日本は戦争に関わらない。

そう宣言する政治家はいないのか。

1発「4億円」パトリオットでウクライナの戦況は? “迎撃精度”向上か……ロシアは警戒 「旧ソ連規格の砲弾」にも注目

ウクライナ支援に6千億円 首相、G7首脳テレビ会議で表明

Iván TamásによるPixabayからの画像

ウクライナに6千億円追加、我々の血税を戦争に使うな はコメントを受け付けていません