真ん丸の心,  縄文人

力の質が変わった

今朝、起きると何と表現すれば良いのやら、力の質と言いますか、圧と言いますか、

昨日までとは違う感じがします。

人を癒すだけでなく、自分のことを癒してみよう、と思って力を感じたら、

そうなりました。

縄文人は体から何かを出している、発していると感じていますが、これのことかな・・

自分の力を感じて、力を出して広げて、そうしたら、困る状況は生まれない。

力をより強く感じるようになると嬉しくなってきます。

ゆらゆら~として、気持ち良い~を広げてほわわわ~んを広げると感覚がどんどん出てきます。

この感覚の先に魂がいるのです。

力を入れるのではなく、

力を抜いて、力の使い方がわかると、もっと楽になる!

練習、練習しようっと。

NoName_13によるPixabayからの画像

力の質が変わった はコメントを受け付けていません