わたくしごと・私事

令和元年の歌 三首

部屋の片づけをしていたら、何だこれは・・と思って見たら、

自分が作った歌でした。

霜月(しもつき)の 露に輝く つわぶきの 神威に依りて 輝きを増す

天照(あまてらす) 地上にありては つわぶきの 花となりしか 化身となりて

身を鎮め 心鎮めし 奇霊(くしみたま) 御霊(みたま)に映ゆる つわぶきの花

11月のつわぶきの花がお題目だったのでしょうね。

令和元年 11月12日  この三日後に父が天に帰る。

令和元年の歌 三首 はコメントを受け付けていません