古事記

古事記

日本の敗戦後、GHQによって教科書から神話が消されました。

日本の国語は、縦書で右から左へと動くはずなのに

このブログもそうですが、横書き(左から右へ)を強制されています。

国を侵略する時は、水と国語を奪うと言いますが、まさに日本は奪われている最中であります。

しかしながら、

言葉の持つ音、音霊(おとだま)と言霊(ことだま)

音の神様、言葉の神様が存在し、我々と共に振動しています。

故に

不本意ですが横書きであっても

日本国の神話を読むことを目的として、今日から古事記を一緒に学んでいけたらと思います。

日本語の美しさ、音の安らかさ、優しさ、そんなことを感じたいですね。

初発(しょはつ)の神々

 天地(あめつち)初めて発(あらわ)れし時に、高天原(たかあまのはら)に成りし

神の名は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。

次に、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)。

次に、神産巣日神(かみむすひのかみ)。

此の三柱(みはしら)の神は、並(とも)に独神(ひとりがみ)と成り坐(ま)して、

身を隠(かく)しき。

天地が初めて現れ動き始めた時、高天原に成った神の名は

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、

次に、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)。

次に、神産巣日神(かみむすひのかみ)。

この三柱の神は、みな独り神として身を隠した。

古事記の最初の部分です。

最初に現れたのが天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)です。

天地が避けて空間が現れた、天地開闢(てんちかいびゃく)と言われる部分です。

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、神産巣日神(かみむすひのかみ)と合わせて

この三柱の神は、造化三神(ぞうかさんしん)と言われる神々です。

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)の高御(たかみ)は尊称、産巣(むす)は生産や生成を表し、日は霊力を指し、偉大な生成の霊力を持った神として尊崇されています。

次に、神産巣日神(かみむすひのかみ)。

神は褒める意味を表し、産巣(むす)は、生産や生成を表し、日は霊力を指す。

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)を男性的神格(陽)

神産巣日神(かみむすひのかみ)を女性的神格(陰)とする説もある。

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)が高天原の中心的存在なのに対し

神産巣日神(かみむすひのかみ)は出雲の国にまつわる神話に登場する。

皆さん、おむすびって言いますよね。

おむすびの言葉は、この産巣日(むすひ)の神様から作られた言葉ですよ~

独神(ひとりがみ)と言うのは、配偶神のいない神様ということですね。

無から有を生み出したい時は、「産巣、むすむすむす~~~」と言うと

叶うかもしれませんよ。

Stefan SchweihoferによるPixabayからの画像

古事記、古事記に関する内容については、こちらの本から抜粋しております。

小学館 古事記

株式会社 カンゼン 日本の神々 完全ビジュアルガイド

古事記 はコメントを受け付けていません