国防無くして国家無し

羽田空港衝突事故 被災地に物資を届ける緊急機の海保機が民間機より優先されなかったのか?

ニュースを見ると、誰が悪い、どちらが悪い、そんな劣悪な情報操作を感じます。

問題は、能登地震が発生し、物資を届ける緊急機体が羽田空港で優先離陸されなかったのか?

民間機が緊急機に滑走路を譲らなかったのか?です。

道路でも、火事などが発生した場合、消防車、救急車などの緊急車両に道を譲る義務があります。

それが日本の空港では適用されていない?ということです。

災害が発生し、最優先されるべき海保機が、おざなりにされていたのはどうして?

つまり、政治の落ち度です。

滑走路を使う優先順位は、緊急を要する機体なのは当然ですよね?

この物資が届いていれば、救われた命があるでしょう。

当然、海保の方々もお命が奪われることは無かった。

民間機に追突されて、吹っ飛ぶ海保機。

とんでも無いことです。

誰が悪いって、災害派遣に優先するよう体制を整えていない管轄です。

記事から抜粋します。

海上保安庁の航空機MA722「みずなぎ」と衝突した事故をめぐり、亡くなった5人の海上保安庁職員に対しX(旧ツイッター)で追悼のコメントが相次いでいる。


【画像】MA722は、東日本大震災で被災しながらも復帰した機だった(当時の海保広報紙)

羽田空港事故で犠牲の海保職員に「敬意と感謝」 能登地震の救援任務中に悲劇…岸田首相ら弔意示す

在日米海軍司令部も、「羽田空港で発生した事故で犠牲となった5名の海上保安官のご冥福と、機長のご回復を心よりお祈りいたします。日航機の乗員、乗客の皆さまにお見舞い申し上げます。たとえ外傷はなくとも、心にさぞ深い傷を負われたかと思います。1日も早く心の平安が戻りますように」と祈りを込めた。

同上

在日米軍司令部からコメントがあったということは、日本の空港の滑走路使用については

日本の緊急機体よりも英米機の離発着が優先される、などの密約はないでしょうね?

日本国民が、考えるべきことは、日本の空港で災害派遣に向かう緊急機体が優先されない

無慈悲な状況です。

是非、国会、世論においては、この理不尽な滑走路の使用体制を論じていただきたい。

AnnetteによるPixabayからの画像

羽田空港衝突事故 被災地に物資を届ける緊急機の海保機が民間機より優先されなかったのか? はコメントを受け付けていません