真ん丸の心,  縄文人

感謝をするって、具体的にどうするの?

今月初めにお話し会が開催されて、お話を聞いてきました。

感謝です、感謝しましょう。

いろんなところで言われている言葉です。

でも・・感謝、感謝って言うけど、具体的にはどうするのだろう?

だから私は質問をしました。

「感謝とはどうすれば良いのですか?

 自分の魂と自然とが共鳴することでしょうか?」

しかし、答えは、

「共鳴は、神を人に懸らすことで、感謝じゃない。魂で行うことだから。」

ますます、私は「感謝する」がわからなくなりました。

喜びの感情と自然、人などのエネルギーと共鳴すること・・・などの答えを想像していたのに、何だか、私はとても悲しい気持ちになりました。

そして、魂で感じることが出来ない自分を責められ、けなされているように感じました。

でも・・SHOGENショーゲンさんの本に答えが書いてありました。

この本の、91ページ

感謝を伝えるというのは、「ありがとう」を言えばいいということではなく、

思いを伝えることなんだと、僕は10歳の女の子に教えてもらいました。

自分の喜び、嬉しさを伝えるのが感謝だと思っていたので、この文章を見つけた時は

救われた気分になりました。

感謝、感謝って言うけど、ある人にとっては、飛び跳ねることかもしれないし

ある人にとっては踊ることかもしれないし

ある人にとっては歌うことかもしれません。

あなたが感謝するとは、どういうことでしょうか?

手を合わせること?

でも、そこに思いが無ければ手を合わせただけですよね。

誰かの疑問や質問を軽んじないで欲しいと思いました。

その為のお話会ではないのですか?

質問は皆にとって大切な勉強のきっかけ、機会になるのに。


今日、誰のために生きる?

András FeketeによるPixabayからの画像

感謝をするって、具体的にどうするの? はコメントを受け付けていません