日本精神

心に響く、優しさを貰える本

ひすいこたろうさんとショーゲンさんの本

今日、誰の為に生きる?

この本は、是非、小学校の教科書にして欲しいと思います。

敗戦後、学校の教科書から神話が消されました。

日本人が神を考えない、感じないことは心を見失うことになりました。

この本の、119ページ

「日本人に虫の声が聞こえなくなった時、地球の破壊が始まる」

「虫の声が聴けて虫と会話が出来るのは、世界で日本人とポリネシア人だけだ。」

「日本人は虫と話をするために日本語を生んだんじゃないかな」

夏の風物詩と言えば、風鈴、鈴虫、蛍。

風の音、虫の声、秋に月見をしても風の音、木々の音、虫の声を聴きますよね。

この本を、日本のたくさんの人が読んで、心を取り戻したら・・

きっと世界はもっと美しく素敵になる。

毎日、読みたい本です。

日本に生まれたから日本人じゃない、日本人の心を持っているから日本人なのです。

achildinthewoodによるPixabayからの画像

心に響く、優しさを貰える本 はコメントを受け付けていません